TOEIC S&W試験をNativeCampレッスンで対策する

カテゴリ: 未分類, 英語

TOEICのSpeaking Testの対策をNativeCampの教材・レッスンを使って勉強したい場合どうすればよいか悩んでいたのですが、月一回無料の25分カウンセリングを受けてみたら良いアドバイスを貰えました。ですので備忘録代わりに書いておきます。

Read a text aloud(音読問題)

スピーキングテストの最初の問題は音読問題です。

文章を音読する問題が合計2題出題されますが、音読問題で採点されるのは主に発音とイントネーションです。声に出して読むということに慣れておく必要があり、且つ採点ポイントの発音とイントネーションに重点を置いて、対策問題集等で練習する必要があります。TOEIC LR(リスニング&リーディング)で使用されるTOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編のパート4部分のCDでの発音、アクセントを真似る練習も有効になると思います。

おすすめのNative Camp教材

Describe a picture(写真描写問題)

写真描写問題では、45秒でなるべく具体的に話す必要があります。

話す量としてはだいたい100語前後になりますが、試験対策問題集等を参考に話す内容の雛形を作成し、写真描写の練習を行います。写真描写問題 (Listening) では1枚の写真について4つの英文が流れます。該当の写真に最もふさわしい英文を4つの文章中から選ぶ問題です。

おすすめのNative Camp教材

(Find Words!(初-中級)の方ではなくて、中-上級の方のレッスンを使うのがポイント)

Respond to questions(応答問題)

応答問題はその場での質疑応答になる為、普段からのスピーキング力を求めらます。

質問に対してはしっかり回答することが求められます。話の引き出しを持っておくことも大切になります。問題集での模範解答を参考に練習する。

おすすめのNative Camp教材

Respond to questions using information provided(提示された情報に基づく応答問題)

資料付きの応答問題では資料を正確に読み取り、質問を耳で聞いて的確に理解し、回答する必要があります。リーディング、リスニング能力が問われます。

おすすめのNative Camp教材

Propose a solution(解決策を提案する問題)

【5】解決策を提案する問題では、1分程度のメッセージを聞き、30秒間の準備時間が与えられ、その後60秒間返答のメッセージを話します。

求められることは相手の話の要約と解決策の提案です。ただ英語を話す能力だけではなく、問題解決能力、またリスニング力も要求される難易度の高い問題。最優先で取り組むべきなのはリスニング力を上げることです。これには、TOEIC LRのPart3とPart4を使ってトレーニングするのが最適です。(Part3とPart4はリスニング問題)。解決策を提案する問題では、問題パターンがある程度限られているので、何度も音読することによってパターンを体に染み込ませれば、スムーズに解答ができるようになります。

おすすめのNative Camp教材

  • なし。TOEIC L&RのPart3やPart4の音読など、別の教材で学習する。

Express an opinion(意見を述べる問題)

下記の記事を参考にする。

TOEICスピーキングテスト対策と解答のコツ【Q7情報に基づく応答問題~Q11意見を述べる問題】

おすすめのNative Camp教材

  • なし。別の教材で学習する。

その他


Amazonでおトクに買い物する方法
AmazonチャージでポイントGET


Amazonは買いもの前にAmazonギフト券をチャージしてポイントをゲットしないと損!

こちらもおススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

test