macでyoutubeの動画から音声のみをmp3で抽出する

カテゴリ: 未分類

macでyoutubeの動画から音声のみをmp3形式でダウンロードしたい場合は、youbute-dlコマンドを利用すると簡単に取得できます。

youtube-dlコマンドのインストール

$ brew install youtube-dl

youtube-dlコマンドで音声データを取得

ブラウザで、個別の動画再生ページのURL(https://www.youtube.com/watch?v=xxxxxxxxxx)を調べて、下記のコマンドを実行します。

$ youtube-dl -x --audio-format mp3 https://www.youtube.com/watch?v=xxxxxxxxxx

プレイリストに含まれる動画を全て取得

以下のようにplaylistのページを指定した場合は、プレイリスト内の全てのデータをmp3化することができます。
個人的には、GoogleやAWSのカンファレンスの内容などを一気にダウンロードして、オーディオプレイヤー聞くのに便利でした。

youtube-dl -x --audio-format mp3 https://www.youtube.com/playlist?list=PLMdXHJK-lGoDhWZ6YJW5B79CDoHWZwDN1

プレリストからダウンロードしたファイルに連番をつける

以下のような形で"-o"オプションをつけると、ファイル名の先頭に01-, 02-...と連番をつけることができます。(macOSで確認しています)

youtube-dl -x --audio-format mp3 -o "%(playlist_index)s-%(title)s.%(ext)s" https://www.youtube.com/playlist?list=PLMdXHJK-lGoDhWZ6YJW5B79CDoHWZwDN1

自分はオプションを覚えるのが面倒なので、以下のようにaliasを切っています。

alias youtube-dl-mp3='youtube-dl -x --audio-format mp3 -o "%(playlist_index)s-%(title)s.%(ext)s"'

youtube-dlコマンドのアップデート

久しぶりにコマンドを使うと(おそらく)Youtube側の仕組みの変更で、youtube-dlコマンドが使えなくなっている場合があります。

エラーが場合は--updateオプションで最新版に更新すると上手くいくことが多いです。

$sudo youtube-dl --update

youtube-dl is up-to-date (2020.03.08)
こちらもおススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。