VSCodeで、文字コードを自動認識してファイルを開く

カテゴリ: Windows | タグ:

VisualStudio Codeでは、デフォルトでは、文字コードがUTF-8であると仮定してファイルが開かれます。

メモ帳(notepad.exe)のように、文字コードを自動認識させたい場合は、下記の設定を行えばよいです。

{
    "files.autoGuessEncoding": true
}

設定を変えるのではなく、たいていの場合UTF-8として開いてもらってよいけど、時々ShiftJISなどの別コードでファイルを開きなおしたい場合は、画面右下にある"UTF-8"の文字をクリックします。すると、ウィンドウの上に文字コードのリストが出るので、"エンコード付きで再度開く"を選択したのち、文字コードを手動で選びなおせば一回だけ手動で文字コードを変更することも可能です。

こちらもおススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PhpStormなど、JetBrainsの他IDEユーザにもおススメ!! 「IntelliJ IDEAハンズオン」