Amazon RDSの修正プログラム適用でダウンタイムを最小にする

カテゴリ: aws | タグ: ,

Amazon RDS(not aurora)で、修正プログラム適用が必要な時にダウンタイムを最小にしたいばあいがあります。

この場合は、マルチAZにしておくことでローリングアップデートが行われるため、ダウンタイムが最小化されます。DBにアクセスできないのは別のAZにあるDBへフェイルオーバが行われている間のみです。フェイルオーバーは通常1-2分程度で完了します。

この振る舞いは、Amazon auroraには適用されないので注意してください。

加えて、ユーザ定義のメンテナンスウィンドウを使用することで、ダウンタイムが発生する時間帯を指定できます。

参考ドキュメント


Amazonでおトクに買い物する方法
AmazonチャージでポイントGET


Amazonは買いもの前にAmazonギフト券をチャージしてポイントをゲットしないと損!

こちらもおススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

test