[Laravel] Validation失敗時の戻りページを変更する方法

カテゴリ: Laravel, PHP

LaravelのFormValidatorでは、validationに失敗すると自動で遷移元のページにリダイレクトされます。

これは、通常の入力フォームでバリデーションを行う場合は、自動的にユーザに再入力を促せるので便利なのですが、この戻り先のページをカスタマイズしたい場合があります。

このような場合、下記のように$redirectを指定することで戻りページをカスタマイズできます。

<?php

namespace App\Http\Requests;

class IndexRequest extends FormRequest
{
    protected $redirect = 'xxx/index';

    public function rule()
    {
        ...
    }
}

$redirectの他にも、$redirectRoute,$redirectActionというプロパティもあり、ルート名やアクション名を指定して戻り先を指定することもできます。

Amazonでポイントを賢くGETする方法
Amazonギフト券チャージ で最大2.5%もお得!
こちらもおススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。