docker buildで何のファイルが書き換えられたかをチェックする

カテゴリ: Docker

Dockerファイルの作業前後でgit commitすることで変更がかかったファイルを記録し、
buildが終わった後からgit logすれば、差分を取得することができます。

FROM python:3.6-alpine

# gitをインストールして最初の状態を記録する
#    下記の場合,/usr/localの状態をgitにコミットしている
RUN apk install git; /
    cd /usr/local; /
    git init; /
    git add *; /
    git config --global user.email 'foo@example.com'; /
    git commit -m 'init' /

# /usr/local/*を書き換える、何かのセットアップを行う
RUN ...

# セットアップ後のファイルを記録
RUN cd /usr/local; git add *; git commit -m 'after install 1'


# 記録は複数回行える
RUN ...

RUN cd /usr/local; git add *; git commit -m 'after install 2'

変更履歴を確認する

$ docker run .... /bin/sh

# cd /usr/local

# git log --stat
commit 9971bab2096e39cad69f15e2027dda53a58fb148 (HEAD -> master)
Author: root <foo@example.com>
Date:   Sun Mar 3 00:00:00 2019 +0000

    after install 2

 bin/foo                     |  Bin 0 -> 18576 bytes
 bin/bar                     |  Bin 0 -> 18576 bytes
 ...
こちらもおススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。