[PHP]Composerで非公開パッケージを作成時halicenseにproprietaryを指定すべき

カテゴリ: composer

composerでパッケージを作成したときに用意するcomposer.jsonには、ライセンスを指定するためのフィールドがあります。
この項目は必須ではありませんが、記入することが強く推奨されています。

オープンソースのパッケージでよく使用されるlicenseの定義

オープンソースのパッケージなら、MITやApache-2.0など、以下のようなライセンスを指定することが多いです。

Apache-2.0
BSD-2-Clause
BSD-3-Clause
BSD-4-Clause
GPL-2.0
GPL-3.0
LGPL-2.1
LGPL-3.0
MIT

非公開パッケージのライセンス表記はどうすべきか

社内のプロジェクトだけで使用しているライブラリの場合、licenseには何を指定すればよいでしょうか?公開の予定がないパッケージは、"proprietary"を指定することが可能です。

以下のようにcomposer.jsonに記述することで、オープンソースライセンスではないことを明示できます。

{
    "license": "proprietary"
    ...
}

proprietaryが推奨されていることは、composer diagコマンドの出力からも確認できます。

> composer diag

Checking composer.json: WARNING
No license specified, it is recommended to do so. For closed-source software you may use "proprietary" as license.
Checking platform settings: OK
Checking git settings: OK
Checking http connectivity to packagist: OK
...

CCライセンスなど、ほかのライセンスを適用したい場合

上記のオープンソースライセンス以外で、ほかに適用したいライセンスがある場合の記述内容一覧は、下記のサイトで確認することができます。
https://spdx.org/licenses/

例えばCreative Commonsライセンスを適用したい場合は、以下のような定義が可能です。

CC-BY-4.0
CC-BY-NC-4.0
CC-BY-NC-SA-4.0
CC-BY-SA-4.0
こちらもおススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。