[Python]Linuxで作成したスクリプトを実行可能にする方法

カテゴリ: python

Linuxで作成したpythonスクリプトを実行可能な形式にするには、以下の2つを行えば良いです。

  • ファイルの先頭に"#!"を追加
  • ファイルに実行権限を与える

ファイルの先頭に"#!"を追加

まずは、pythonのスクリプトの先頭に#!/usr/bin/env pythonの1行を追加します。

#!/usr/bin/env python
print("こんにちは")

これは、pythonのスクリプトとしてはコメントと見なされますが、Linuxからはshebang機能による起動スクリプトの指定と判断されます。

ファイルに実行権限を与える

次に、該当スクリプトにchmodコマンドで実行権限を与えます。

$ chmod 755 hello.py

chmodの実行後、ファイルに実行権限「x」が付いていればOKです。
$ ls -l hello.py

-rwxr-xr-x 1 vagrant vagrant 72  5月  5 06:25 hello.py

上記2つを行えば、以下のようにスクリプトを直接実行できるようになります。

$ ./hello.py
こんにちは
こちらもおススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。