[PHP]composer使用時、GitHubのAPI rate limitを回避するためにOAuthトークンを使う

カテゴリ: composer

Composerを利用してGithubへ短時間で大量のリクエストを送ると、Github APIに対するアクセス回数制限に引っかかる場合があります。このような場合、Composerがgithub認証のために、ユーザIDとパスワードを要求します。要求通りID/パスワード入力すればユーザ認証が行われ、回数制限の上限が緩和されるので処理が先に進みます。

ですが、共有のPCを使っているときなど、IDやパスワードを直接入力したくない場合があります。このような場合は、githubから取得出来るOAuthトークンを利用すると良いです。

OAuthの生成とComposerへの設定方法

もし、ComposerコマンドからGithubの認証情報の入力を望まない場合は、トークンを利用して、手動で認証することができます。
以下の手順に従ってください。

  • GitHubで、OAuthトークンを生成します。
    トークン生成についての詳細は、こちらに記載があります。

  • 下記のコマンドを実行して、設定値にOAuthトークンを追加してください。

composer config -g github-oauth.github.com <oauthtoken>

これでComposerに認証情報を尋ねられることなく、インストールやアップデートが実行できるようになります。

こちらもおススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。