[PHP]発生したエラーの理由を、全てブラウザに出力させる方法

カテゴリ: 未分類

PHPを勉強し始めて間もない時や、PHPを使ったプロジェクトの序盤では、トライアンドエラーを迅速に行うため、一旦すべてのエラーをブラウザ画面に表示させてしまいたい場合があります。

このような場合は、下記のコードをプログラムの先頭に書いておけばよいです。

<?php
ini_set('display_startup_errors', 1);
ini_set('display_errors', 1);
error_reporting(-1);

これで、エラーが発生したときにその内容をブラウザに表示してくれます。特に、display_startup_errorsは設定しておくこくと序盤に発生する些細なエラーを認識しやすくなります。

こちらもおススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。