AWS: amplify pushしたら、エラーNo definition availableが出るとき

カテゴリ: 未分類 | タグ: ,

AWS Amplifyでdocker-composeを使ってバックエンドサーバを利用するときに、amplify pushでエラーが出たので、その時の対処法を備忘録として書いておきます。

エラーの内容

amplify pushすると、下記のエラーが出る

  • No definition available (docker-compose.yaml / docker-compose.yml / Dockerfile)
% amplify push
✔ Successfully pulled backend environment dev from the cloud.

    Current Environment: dev

┌──────────┬────────────────────────┬───────────┬───────────────────┐
│ Category │ Resource name          │ Operation │ Provider plugin   │
├──────────┼────────────────────────┼───────────┼───────────────────┤
│ Api      │ container9999999999999 │ Create    │ awscloudformation │
└──────────┴────────────────────────┴───────────┴───────────────────┘
? Are you sure you want to continue? Yes
 An error occurred when pushing the resources to the cloud
 An error occurred during the push operation: /
No definition available (docker-compose.yaml / docker-compose.yml / Dockerfile)
 Review the Amplify CLI troubleshooting guide for potential next steps: https://docs.amplify.aws/cli/project/troubleshooting/

エラーの理由

ファイルdocker-compose.ymlを*.gitのルートディレクトリに置いていた。

対応方法

ファイルdocker-compose.ymlを、aplify/backend/api/<APP_NAME>/srcの下に置く。

参考: amplify pushで作成されるリソース

初回のamplify pushは時間がかかる。進捗はCloudFormationで確認できる。

主に以下のようなリソースが作成される。
- ECR
- ECS
- CodeBuild
- StepFunctions
- ApiGatewayV2


Amazonでおトクに買い物する方法
AmazonチャージでポイントGET


Amazonは買いもの前にAmazonギフト券をチャージしてポイントをゲットしないと損!

こちらもおススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。