[PHP]Slim3 FrameworkでGET/POSTパラメータを取得する方法

カテゴリ: SlimFramework

PHPのマイクロフレームワークである、Slim3 Frameworkでクライアントから渡された、GET/POSTパラメータを受け取る方法はいくつかの方法があります。

まずは以下の方法で、すべてのパラメータを配列として取得できます。

$paramValue = $app->request()->params('paramName');
$userId = $paramValue['user_id'];

もしくは、以下の形でも取得可能です。

// GETパラメータの場合
$userId = $app->request()->get('user_id');

// POSTパラメータの場合
$userId = $app->request()->post('user_id');

リクエストボディにjson形式でデータが入っている場合は、以下の形で取得できます。

$reqParams = json_decode($request->getBody());

これまでどおり$_GETや、$_POSTによるパラメータの受け取りも、行おうと思えば取得することは可能です。ですので、レガシーなライブラリを利用している場合などで、$_GET、$_POSTからの受け渡しが前提になっている場合でも、問題なく利用することが可能です。


Amazonでおトクに買い物する方法
AmazonチャージでポイントGET


Amazonは買いもの前にAmazonギフト券をチャージしてポイントをゲットしないと損!

こちらもおススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。