[macOS] Spotlightのインデックスをcliで再構築する

カテゴリ: 未分類

macOSでSpotlightのインデックスをターミナルから再構築したい場合は、以下のコマンドを実行します

sudo mdutil -E /

mdutilのヘルプ

名称
     mdutil -- Spotlight が使用するメタデータのストアを管理する。

利用方法
     mdutil [-pEsav] [-i on | off] mountPoint ....

説明
     mdutil コマンドは、マウントされたボリュームのメタデータのストアを管理します

     以下のオプションが利用可能です:

     -i on | off
         提供されたボリュームのインデックス作成状態をオンまたはオフに設定します。
         ディスク容量が不足しているなどの条件により、インデックス作成が遅れることがあることに注意してください。

     -d 提供されたボリュームの Spotlight 検索を無効にします。

     -E このフラグを使用すると、指定されたボリュームの各ローカルストアが消去されます。
        ストアは適切に応じて再構築されます。

     -s リストされたボリュームのインデックス作成ステータスを表示します。

     -a すべてのボリューム上のすべてのストアにコマンドを適用します。

     -t ファイルIDとボリュームパス、またはデバイスIDからファイルを解決します。

     -p Spotlightに、いくつかのネットワークデバイスのインデックスをローカルにキャッシュさせます。
     このオプションは、ローカルキャッシュを適切なネットワークデバイスに書き出すよう要求します。

     -V volume-path
         指定されたボリューム上のすべてのストアにコマンドを適用します。

     -v 利用可能な場合、冗長な追加情報を表示します。

     -r plugins
         リストされたプラグインによって指定されたUTIのファイルを再インポートするようサーバーに要求します。

     -L volume-path
         指定されたボリュームのSpotlightインデックスのディレクトリの内容を一覧表示します。

     -P volume-path
         指定されたボリュームのVolumeConfig.plistを出力します。

     -X volume-path
         指定されたボリュームのSpotlightインデックスディレクトリを削除します  
         これはインデックス作成を無効にするものではありません。
         Spotlightは以下の場合にボリュームを再評価します。
           - アンマウントと再マウントを行う
           - マシンを再起動する
           - ボリュームに対して'mdutil -i'や'mdutil -E'などのインデックスコマンドを明示的に実行する

関連項目
     mdfind(1)、mds(8)、mdimport(1)

Amazonでおトクに買い物する方法
AmazonチャージでポイントGET


Amazonは買いもの前にAmazonギフト券をチャージしてポイントをゲットしないと損!

こちらもおススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。