Laravel 8.xのsail upでポート番号が被るとき

カテゴリ: 未分類

Laravel 8.xでは、Laravel sailによるdocker環境が準備されており、./vendor/bin/sail upコマンドを実行するだけでMySQLやRedisを含めた開発環境が構築できます。

ですが、このコマンドはホストOSのポート80や3306が空いていることが前提になっているので、他のプログラムがこれらのポートを使用しているとupに失敗します。

解決方法

このような場合は、.envファイルにポート指定を追加します。

APP_PORT=10080
FORWARD_DB_PORT=13306
FORWARD_REDIS_PORT=16379

プロジェクトのルードにdocker-compose.yamlがあるので、このファイルを見ると何の環境変数を指定すればよいかわかります。


Amazonでおトクに買い物する方法
AmazonチャージでポイントGET


Amazonは買いもの前にAmazonギフト券をチャージしてポイントをゲットしないと損!

こちらもおススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。