[macOS] 別パーティションにOSをインストールしたのにインストール前ファイルにアクセスできる

カテゴリ: 未分類

環境

  • OS: macOS Catalina
  • ファイルシステム: APFS

事象

別パーティションにOSをインストールしたのに、インストール前ファイルにアクセスできてしまう。

行ったこと

下記の作業を行った

  • macOSでOS自体の再インストールを行った。
  • 既存のOSを念の為に保存しておきたく、GUIのDisk Utilityで別のAPFSボリュームを作成した。
  • 起動時に「option + command + R」キーを使ってmacOS Catalinaのインストールを行った
  • 新しいボリュームへ無事インストールを行えた。
  • だが、「command + Space」でSpotlightを起動して検索すると、インストール前の別パーティションにあるデータが閲覧できてしまう。

原因

macOSで同じコンテナディスク内に別ボリュームを生成し、OSをインストールしたとき、新しいOSはコンテナディスク内の全部のボリューム(インストール前のものを含む)を自動でマウントしてしまうため。

コンテナとボリュームの一覧を確認するためには、cliでdiskutil listを実行すれば良い。下記の例では、元々インストールされていたボリューム(disk1s5,disk1s1)に加えて新しく作ったボリューム(disk1s7,disk1s6)が見えている

sh-3.2# diskutil list
/dev/disk0 (internal, physical):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      GUID_partition_scheme                        *500.3 GB   disk0
   1:                        EFI EFI                     314.6 MB   disk0s1
   2:                 Apple_APFS Container disk1         500.0 GB   disk0s2

/dev/disk1 (synthesized):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      APFS Container Scheme -                      +500.0 GB   disk1
                                 Physical Store disk0s2
   1:                APFS Volume Macintosh HD - Data     113.0 GB   disk1s1
   2:                APFS Volume Preboot                 166.9 MB   disk1s2
   3:                APFS Volume Recovery                1.1 GB     disk1s3
   4:                APFS Volume VM                      1.1 GB     disk1s4
   5:                APFS Volume Macintosh HD            11.1 GB    disk1s5
   6:                APFS Volume MacHD - Data            5.0 GB     disk1s6
   7:                APFS Volume MacHD                   11.1 GB    disk1s7

マウントの状態をmountコマンドで確認すると先程の4つがすべてマウントされていることがわかる

sh-3.2# mount | column -t
/dev/disk1s7  on         /                     (apfs,                     local,    read-only,    journaled)
devfs         on         /dev                  (devfs,                    local,    nobrowse)
/dev/disk1s6  on         /System/Volumes/Data  (apfs,                     local,    journaled,    nobrowse)
/dev/disk1s4  on         /private/var/vm       (apfs,                     local,    journaled,    nobrowse)
map           auto_home  on                    /System/Volumes/Data/home  (autofs,  automounted,  nobrowse)
/dev/disk1s1  on         /Volumes/Macintosh    HD                         -         Data          (apfs,      local,  journaled,  nobrowse)
/dev/disk1s5  on         /Volumes/Macintosh    HD                         (apfs,    local,        journaled)

対応方法

同じコンテナディスク内に存在する特定のボリュームを自動マウントさせないためにはfstabを変更すれば良い。

fstabに定義を追記するためには、自動マウントさせたくないボリュームのUUIDを調べる必要がある。
ボリュームのUUIDは、system_profiler SPStorageDataTypeコマンドを実行するとわかる。

sh-3.2# system_profiler SPStorageDataType
Storage:

    Macintosh HD - Data:

      Free: 357.22 GB (357,223,976,960 bytes)
      Capacity: 499.96 GB (499,963,174,912 bytes)
      Mount Point: /Volumes/Macintosh HD - Data
      File System: APFS
      Writable: Yes
      Ignore Ownership: No
      BSD Name: disk1s1
      Volume UUID: AEE6234F-C8A9-47CA-9A78-F32CC7D7F42E
      Physical Drive:
          Device Name: APPLE SSD AP0512J
          Media Name: AppleAPFSMedia
          Medium Type: SSD
          Protocol: PCI-Express
          Internal: Yes
          Partition Map Type: Unknown
          S.M.A.R.T. Status: Verified

    Macintosh HD:

      Free: 357.22 GB (357,223,976,960 bytes)
      Capacity: 499.96 GB (499,963,174,912 bytes)
      Mount Point: /Volumes/Macintosh HD
      File System: APFS
      Writable: Yes
      Ignore Ownership: No
      BSD Name: disk1s5
      Volume UUID: 2198D52F-ED0D-4116-92BE-9239428E4FAE
      Physical Drive:
          Device Name: APPLE SSD AP0512J
          Media Name: AppleAPFSMedia
          Medium Type: SSD
          Protocol: PCI-Express
          Internal: Yes
          Partition Map Type: Unknown
          S.M.A.R.T. Status: Verified

この例だと、下記の2つを控えておく
- Volume UUID: AEE6234F-C8A9-47CA-9A78-F32CC7D7F42E
- Volume UUID: 2198D52F-ED0D-4116-92BE-9239428E4FAE

fstabファイルは、vifsコマンドで編集する。下記の例ではサイトの2行に追記しており、noautoの部分で自動マウントをオフにしている。

$ sudo vifs

# Warning - this file should only be modified with vifs(8)
#
# Failure to do so is unsupported and may be destructive.
#
UUID=2198D52F-ED0D-4116-92BE-9239428E4FAE none apfs rw,noauto
UUID=AEE6234F-C8A9-47CA-9A78-F32CC7D7F42E none apfs rw,noauto

再起動後、mountコマンドを実行すると、自動マウントされていないことがわかる。

% mount | column -t
/dev/disk1s7  on         /                     (apfs,                     local,    read-only,    journaled)
devfs         on         /dev                  (devfs,                    local,    nobrowse)
/dev/disk1s6  on         /System/Volumes/Data  (apfs,                     local,    journaled,    nobrowse)
/dev/disk1s4  on         /private/var/vm       (apfs,                     local,    journaled,    nobrowse)
map           auto_home  on                    /System/Volumes/Data/home  (autofs,  automounted,  nobrowse)
Amazonでポイントを賢くGETする方法
Amazonギフト券チャージ で最大2.5%もお得!
こちらもおススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。