[mac] iTerm2 + tmuxで、マウススクロールを有効にする(2018年版)

カテゴリ: Mac | タグ: ,

macOSのiTerm2上でtmuxを使用時に、マウススクロールを有効にするには、tmux.confに下記の定義を追加すれば良いです。

set -g mouse on
bind -T root WheelUpPane   if-shell -F -t = "#{alternate_on}" "send-keys -M" "select-pane -t =; copy-mode -e; send-keys -M"
bind -T root WheelDownPane if-shell -F -t = "#{alternate_on}" "send-keys -M" "select-pane -t =; send-keys -M"

この設定を行うとマウスでの範囲選択による、文字列のコピーペーストが行えなくなります。

マウスで文字を範囲選択してクリップボードにコピーしたい場合は、 Optionキーを押しながらマウスで範囲選択すれば良いです。(tmuxのショートカットであるCtrl+b + [でもコピーペーストできます)

実行環境

  • iTerm2 3.1
  • tmux 2.7
こちらもおススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。