macにbrewでgitをインストールしたら行うべきこと

カテゴリ: git, Mac

macでbrew install gitコマンドでgitをインストースした場合、.bash_profileに下記の設定を書いておくと、コマンドの自動補完やプロンプトに作業中リポジトリのステータスが表示されるので便利です。

作業手順

エディタで.bash_profileを開きます

vi ~/.bash_profile

以下の行を追加します

## 自動補完を有効にする
source /usr/local/etc/bash_completion.d/git-prompt.sh
source /usr/local/etc/bash_completion.d/git-completion.bash

## プロンプトにgitのステータスを表示する
GIT_PS1_SHOWDIRTYSTATE=true
GIT_PS1_SHOWUNTRACKEDFILES=true
GIT_PS1_SHOWSTASHSTATE=true
GIT_PS1_SHOWUPSTREAM=auto
#export PS1='\h:\W \u\$ '
export PS1='\h:\W \u$(__git_ps1)\$ '

設定を反映させるためにsourceコマンドを実行します

source ~/.bash_profile

するとプロンプトが以下のように表示され,gitリポジトリ内で作業している場合はブランチ名が表示されます。

hostname:dir username (master *)$

また、bashの自動補完も有効になっています。
試しに"git stat"まで入力してtabキーを押してみてください。すると、以下のように残りの文字が補完されて"git status"になります

hostname:dir username (master *)$ git stat[TAB]

hostname:dir username (master *)$ git status

プロンプトに表示される記号の意味

本変更を行うことで、プロンプトに"(master *)"のような形でブランチ名が表示されるのですが、ブランチ名の後ろに表示される記号は何でしょうか?

これは、ブランチ名の状態を表示しており以下の記号があります。

*  addされていない変更が有る
%  addされていない新規ファイルが有る
+  addされたがコミットされていないファイルが有る
$  stashされているファイルがある

>  orignに未pushのcommitがある
<  orignから未pullのcommitがある
=  orignとのpush/pullは不要で、最新の状態になっている

どの記号を出すかは.bash_profileの下記の変数で制御できます。

GIT_PS1_SHOWDIRTYSTATE=true
GIT_PS1_SHOWUNTRACKEDFILES=true
GIT_PS1_SHOWSTASHSTATE=true
GIT_PS1_SHOWUPSTREAM=auto

また、bashではプロンプトの書式をPS1という環境変数で指定できます。
これを変更したい場合は、.bash_profileに追記した下記の行を変更すれば良いです。

export PS1='\h:\W \u$(__git_ps1)\$ '
Amazonでポイントを賢くGETする方法
Amazonギフト券チャージ で最大2.5%もお得!
こちらもおススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。