Nexus5のバッテリーを交換する[BL-T9, 2500mAh/9.5Wh, ROWA製]

カテゴリ: 買い物

AndroidスマホのNexus5を使い始めて3年になり、バッテリーの持ちがかなり悪くなってきました。
Nexus5は結構高性能で、まだまだ現役で使用可能なので、自力でのバッテリー交換を行ってみました。

購入した商品

Nexus5用の交換バッテリーは、バッテリーのパーツだけをamazonで購入可能です。
発売からかなり経っているためか、1000円ぐらいで購入できます。

バッテリーはノーブランド物は安全性に問題がある可能性があるので、互換バッテリーで有名なROWA製のモノを購入します。Nexus5のバッテリーは、型番が"BL-T9"なので、購入前に型番が合っているかを確認します。

ロワジャパン LG Google Nexus5 D820 D821対応 BL-T9 PSEマーク付互換バッテリー

また、バッテリーの交換時に特殊形状のネジを外す必要があるため、ドライバーも一緒に購入します。

アネックス(ANEX) Y型 特殊精密ドライバー No.3470A

この2つだけあれば、Nexus5のバッテリー交換は可能です。

届いた商品

バッテリーは以下のような感じで簡易包装された状態で届きます。

包装を解いた状態です。3.8Vで,2500mAh/9.5Whでした。純正が2300mAhなので少しだけ容量が多いです。

裏面は何の印刷もありません。

少しボケていますが、端子部分のアップです。
ケーブル部に"BL-T9A1"の印刷がありました。

ドライバーの方は、以下の1.8mmY字型ドライバーです。
メーカー・型番はAnexのNo.3470Aです。

バッテリーを交換する

Nexus5の分解方法は以下の動画を見るとわかりやすいです。
バッテリーの交換だけなら、動画の0:40~2:40で行っている作業だけを行えばよいです。

iPhone等と異なり、裏ブタはプラスチックのツメで止まっているだけなので簡単に外せます。

分解してみたところ生産日が"150107”なので、ちょうど3年前のモノでした。
念のために電圧(3.8V)が一致していることを確認します。

上部の、Y字ネジで止まっている黒いプラスチックを外し、端子を2つ(下の画像の赤枠の端子)外せばバッテリは取り外しできます。
両面テープで止まっているので、定規やマイナスドライバーを隙間に差し込みながら、ゆっくり外していきます。

バッテリを外したら新しいバッテリーに入れ替え、端子を接続します。

上部の黒いふたを再度止めて裏ブタを閉じたら交換完了です。
Nexus5は以前に分解したことがあり、手順は分かっていたので10分程度で交換できました。

交換直後にAndroidの設定画面で充電容量をチェックしたところ、購入時点で60%程度充電されていました。
動作を確認したら、念のために"100%まで満充電 → 0%になるまで充電せずに使い切る"を複数回行っておきます。

当たり前ですが、新しいものに交換してから、かなりバッテリーが持つようになりました。
今のところ特に問題は発生していませんが、もう少し使いながら様子を見てみます。



ロワジャパン LG Google Nexus5 D820 D821対応 BL-T9 PSEマーク付互換バッテリー


アネックス(ANEX) Y型 特殊精密ドライバー No.3470A

こちらもおススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。