ネイティブキャンプでTOEIC対策のレッスンは受けられる?予約は取りやすい?

カテゴリ: ネイティブキャンプ

オンライン英会話レッスンサイトのネイティブキャンプでは、以下のTOEIC対策レッスンが用意されています。

  • TOEIC®600点対策コース
    TOEIC®試験にて600点を目指す方へ向けた対策コースです。

  • TOEIC®800点対策コース
    TOEIC®試験にて800点を目指す方へ向けた対策コースです。

  • TOEIC®パート別対策コース
    2016年版(新形式問題対応編)公式問題集を使用し、TOEIC®テストの各Part毎に集中的に学習を行うコースです。 
    ※公式問題集Vol.6をご利用の方はコースではなく教材の種類からご選択ください。

レッスンの受講にテキストは必要?

これらのうち、 TOEIC®600点対策コースとTOEIC®800点対策コースは、ネイティブキャンプ側がテキストを用意しているため、なにも用意せずにレッスンを受けることができます。
一方、TOEIC®パート別対策コースについては、市販されているTOEIC公式問題集を利用したレッスンのため、テキストを別途購入する必要があります。

予約なしでのレッスン受講は難しい

ネイティブキャンプは予約なしでのレッスン受講が可能なところが大きな特徴ですが、TOEIC対策のレッスンを予約なしで受講するのは難しいかったです。

2018年1月時点で調べてみたところ、約800名の講師のうち、TOEIC対策のレッスンを提供可能な講師は190名程度でした。このため、登録されている講師のうち1/4程度の人からしかレッスンを受けることができません。

予約なしでのレッスンだと空き講師が数名しかいないので、空いている講師の中からTOEIC対策レッスンが出来る講師を選ぶのは至難の業です。さらに、TOEIC対策レッスンが出来る講師は、人気の高い講師なので、予約で埋まってしまっており、フリーレッスンの枠自体がないことも結構あります。

このため、ネイティブキャンプでTOEIC対策レッスンを安定して受けていくためには、実質的に予約が必要になってきます。

予約ありでのレッスン受講だと費用が掛かる

そうすると、TOEIC対策レッスンを受けるためには、人気講師に予約を入れてレッスンを取っていく事が必要となります。

ネイティブキャンプでは、25分の1レッスンを予約するのに200円かかるため、毎日1回レッスンを予約すると200円×30日で6,000円の予約費用が必要となります。さらに月会費が5500円必要になるので、合計で12,000円/月の予算があれば毎日1回づつTOEIC対策レッスンを受けることができます。

このため、毎月12,000円出せる程度の予算があれば、安定してTOEIC対策を行うことができます。

さらに、ネイティブキャンプでは、フリーのレッスンも受け放題なので、文法レッスンの復習なども追加費用無しで受講できます。

フィリピン人講師のレッスンは大丈夫?

英語ネイティブではないフィリピン人講師からのレッスンだと、発音に訛りが無いかなど不安要素があるかもしれませんが、TOEIC対策レッスンを提供できる水準の講師であれば、発音を含めてきちんとした教育を受けた講師からレッスンを受講できるので大丈夫です。

Amazonでポイントを賢くGETする方法
Amazonギフト券チャージ で最大2.5%もお得!
こちらもおススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。