[Laravel] ルーティング情報を見やすいフォーマットで表示する [wulfheart/pretty_routes]

カテゴリ: 未分類

Laravelではartisan route:listでルーティングの一覧を表示できます。ですが、プロジェクトが大きくなるとルート定義が増え出力が見づらくなってしまいます。

このような場合、Laravelのパッケージwulfheart/pretty_routesを使うことできれいなフォーマットでルーティング定義を表示できます。

パッケージのインストールはcomposerコマンドで行います。

composer require --dev wulfheart/pretty_routes

使い方もシンプルで、artisanのroute:prettyコマンドを実行するだけです。

php artisan route:pretty

出力は、Laravelが標準で持つroute:listコマンドと同等ですが、フォーマットがより見やすくなっています。

route:pretty`コマンドは、他に下記のようなオプションを指定することも可能です。

php artisan route:pretty --except-path=horizon --method=POST --reverse
php artisan route:pretty --only-path=app --method=POST --reverse
php artisan route:pretty --only-name=app --method=POST 
php artisan route:pretty --only-name=app --method=POST --group=path --reverse-group
php artisan route:pretty --only-name=app,horizon,debugbar --except-path=foo,bar --group=name --reverse

--groupなどのオプションを指定した場合の出力は以下のようになります。

@link: Pretty Routes for Laravel


Amazonでおトクに買い物する方法
AmazonチャージでポイントGET


Amazonは買いもの前にAmazonギフト券をチャージしてポイントをゲットしないと損!

こちらもおススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。