データベーススペシャリスト

カテゴリ: 未分類

SQL

射影 (projection)

特定の列のみ取得すること。 select句の後に書かれる列の一覧

e.g. select user_id, user_name from usersの、user_id, user_name

関係代数の式で表すと、users [user_id, user_name]になる。(午前の問題で、この表記で書かれることがある)

選択 (selection)

  • 選択は、制限(restriction)とよばれることもある。

  • 特定の行のみを取得すること。where句でで指定する。

    • e.g. select * from users where user_id = 1の、user_id = 1
  • 関係代数の式で表すと、users [users = 1]になる。
    • =などの演算式の一覧は、θと呼ばれることがある。
    • θを構成する要素は、"<、≤、=、>、≥、<>"など。

selectで使える式、演算子

  • 文字列結合
    • department_name || ' ' || user_nameで、文字列結合できる
  • nullのときのデフォルト値(nvl, if_null的なもの)
    • coalesce(sum(amount), 0)

3値理論

  • 3値理論とは、真偽値を"true, false, unknown"の2つで表すもの
  • unknownを含む式はunkownになる
    • e.g. a=1, b=nullで、a=bは、falseではなく、unknownになる

between

  • between A and Bの範囲指定は、境界値を含む。"<=", ">="で比較しているのと同じ。

E-R図

強エンティティと弱エンティティ

親子関係のテーブルなどで、以下の関係になることがある。
- 親は子テーブルがなくても存在できる。
- 子は親テーブルの存在が必須。

この場合、親テーブルに相当するものを強エンティティ、子に相当するものを弱エンティティと呼ぶ。


Amazonでおトクに買い物する方法
AmazonチャージでポイントGET


Amazonは買いもの前にAmazonギフト券をチャージしてポイントをゲットしないと損!

こちらもおススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。